DISCOGRAPHY > HOTEI > OTHER WORKS

RiffRoughSessionのDVDジャケット

1990.12.05

Riff Rough Session花田裕之

更新日:

TOVF-1019
数量限定【VHS】 ※廃盤
TOBF-91090
【DVD】 ※廃盤→Amazonでチェック
2005年9月14日発売

1990年に布袋寅泰がCOMPLEXのツアー中に参加した花田裕之のソロ活動最初のツアーからNHKホール公演を収録した映像作品。バンドメンバーは元ボウイ+元ルースターズ。使用したギター含め布袋ファン必見の内容です。全11曲収録。

※ 一部のリンクにアフィリエイト広告を利用しています。

  • Track Listing
  • Descriptions
  • Credit Title

Track Listing|Riff Rough Session

  1. Riff Rough [3:50]

    作曲:花田裕之,布袋寅泰 / 編曲:布袋寅泰

  2. HEAVENLY! [5:26]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  3. SADNESS CITY [6:06]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  4. HARD DAYS+HEAVEY NIGHTS [4:40]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  5. SUNDAY [5:43]

    作詞・作曲・編曲:布袋寅泰

  6. STONE [5:54]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  7. あの娘には判らない [5:39]

    作詞:小西康陽 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  8. RAINY RAIN [3:59]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  9. WILD CHILD [3:50]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  10. EVER [3:50]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

  11. MYSTERY [6:04]

    作詞:夏居 遥 / 作曲:花田裕之 / 編曲:布袋寅泰

花田裕之が1990年にリリースした布袋寅泰プロデュースによるソロデビューアルバム『Riff Rough』に合わせてツアー「ROCK&ROLL Jet-Set Riff Rough」が行われた。ツアーメンバーは花田裕之、布袋寅泰、松井常松、池畑潤二で6/27の渋谷公会堂、7/4のNHKホール、7/11の大阪厚生年金会館の3公演のうちNHKホールの模様を収録したのがこの作品である。布袋はCOMPLEXのROMANTIC 1990 TOUR中の参加となった。

VHSでリリースされた際は1万本限定で特別BOX仕様。写真集と直筆サインの入ったトレーシングペーパーが封入され、しばらくの間プレミア価格で取引されていた。限定ということよりも内容がとにかく貴重で,元ボウイ+元ルースターズというバンドメンバーの豪華さだけでなく,プレイ面でも見所聴き所満載で,ファン必見といえよう。布袋の使用しているギターも今となってはここでしかプレイを観ることのできないものもある。まず布袋がこの頃入手した2本のZemaitisがステージで初登場している。特にシェルトップの3SのZemaitisは,ステージでは、このツアーでのみ使用している。このライブでは冒頭からの4曲で使用。このギターは後年、神田商会に売却され現在ではゼマイティスミュージアムに展示中。もう一本は布袋ファンにも馴染みの深いZEMATIS WILD。こちらもこのツアーが初登場である。5曲で使用。他にも「STONE」でFenderのStratocaster(Candy Red)、ラストの「MYSTERY」ではRickenbackerの330(BLACK)が使用された。これらギターもステージではこのツアーのみで使用された。つまり定番の布袋モデルは一切使用されず新しいZemaitisがメインで、フェンダーとリッケンバッカーが一本ずつということである。

アルバム『Riff Rough』収録の10曲全曲を披露している。ライブの冒頭ではバンドメンバーによるセッション曲があり、これはアルバム未収録だが曲名は「Riff Rough」となっている。この「Riff Rough」と2曲目の「HEAVENLY!」の2曲のライブ音源が、IRc2所属アーティストによるコンピレーションアルバム『STAR STREET TRAX Vol.1』に収録された。

2005年9月14日に待望のDVD化がされた。ただしオリジナルのVHS版に封入されていた写真集やサインがプリントされたトレーシングペーパーは封入されていない。

Credit title|Riff Rough Session

Vocal & Guitar / Hiroyuki Hanada
Guitar & Chorus / Tomoyasu Hotei
Bass / Tsunematsu Matsui
Drums / Junji Ikehata

Riff Rough Session
Sound Engineer / Yukihiro Kitayama (Yui Stage Service)
Monitor Engineer / Seigi Okabe (Sound Media)
Lighting Engineer / Akira Okabe (On & On)
Lighting Technician / Takayuki Kato (On & On)
Starlight Engineer / Naoya Araoka (Yamaha)
Starlight Technician / Neil Beaton (Yamaha)
Back Line / Hidehito Satake (Leo Music)
Assistant Stage Director / Chuji Ikeda (One Point)
Assistant Tour Manager / Shigeki Sumomozawa (IRc2 Corporation)
Hair & Make /Shoji Koshinuma (Saints)
Production Co-ordinator / Chiaki Kusama (IRc2 Corporation)
Stage Director / Hironobu Hanzawa (One Point)
Mobile Recording / S.C. I
Recording & Mixing Engineer / Tatsuya Sakamoto
Director / Haruo Nakano (Tyrell Corp)
Art Director / Tadamasa Yokoyama
Designer / Masanobu Mori
A & R Director / Mitsunobu Sekiguchi (IRc2 Corporation)
Produce / IRc2 Corporation
Executive Producer / Senji Kasuya (IRc2 Corporation)

DVD『Riff Rough Session』をメルカリで探してみる

Riff Roughの楽曲 配信サイト

スポティファイでRiff Roughを聴くYouTube MusicでRiff Roughを聴くamazon musicでRiff Roughを聴くApple MusicでRiff Roughを聴く