COMPLEX ALBUM

COMPLEX

布袋寅泰と吉川晃司によるCOMPLEXの1st Album。COMPLEX結成の発表の直後,カリブ海にあるモンセラット島へ渡り、エアー・スタジオ・モンセラットにてレコーディング。このスタジオは、ジョージ・マーティン所有のスタジオで、名盤が多数録音された有名なスタジオだったが、巨大ハリケーンの被害を受けて現在はもうない。レコーディングは1988年12月12日から1989年1月15日の約1か月間行われ、MIX DOWNはロンドンのエア・スタジオで1989年1月18日から2月3日にかけて行われた。

COMPLEXは「ふたりでやりたいこと,歌いたいものをやる」というのが一大コンセプト。コンプレックスという名前は,そのままの本来の単語の持つ意味での"複合体",つまりヴォーカリスト吉川晃司とギタリスト布袋寅泰の複合体という意味。そして日本語で誤って使われるようになった劣等感の意味での、洋楽に対するコンプレックスという意味も含まれている。アルバム全体として,1960年代,1970年代のロックテイストが強く,リフとメロディが表に出たシンプルかつソリッドなカッコいい仕上がり。曲のバッキングはほぼTE-HTだが,12曲中6曲でソロやバッキングでレス・ポールを使用している。

GUITARHYTHMの翌年にリリースされたアルバムではあるが,ギタリストとしての存在感、弾き方などもソロ・アルバムと比較するとかなり異なっている。ヴォーカリストとギタリストがシンプルにそれぞれカッコよく聴こえる,そうBOOWYがメンバー4人がそれぞれ一番カッコよく聴こえるよう目指していたのと同じように感じる。吉川晃司の声と布袋寅泰のギターがそれぞれカッコよく目立つだけでなく,"声+ギター"の絡み方が素晴らしい。 これはバッキングの布袋のギターの素晴らしさが大きいと思うが,池畑潤二のメタリックな質感のドラム,そしてホッピー神山,藤井丈司,マイケル・ツィマリングといったGUITARHYTHMを創った面々が参加していることも大きい。

2012年10月10日に,待望のデジタルリマスター盤が2nd ALBUM『ROMANTIC 1990』、LIVE ALBUM『19901108』と共にSHM-CDとしてリリース。

01.PRETTY DOLL
作詞・作曲:吉川晃司/編曲:布袋寅泰
02.CRASH COMPLEXION
作詞:吉川晃司/作曲・編曲:布袋寅泰
03.恋をとめないで
作詞:吉川晃司/作曲・編曲:布袋寅泰
04.Can't Stop The Silence
作詞:吉川晃司/作曲・編曲:布袋寅泰
05.2人のAnother Twilight
作詞:吉川晃司/作曲・編曲:布袋寅泰
06.IMAGINE HEROES
作詞・作曲:吉川晃司/編曲:布袋寅泰
07.CLOCKWORK RUNNERS
作詞・作曲・編曲:布袋寅泰
08.BE MY BABY
作詞:吉川晃司/作曲・編曲:布袋寅泰
09.路地裏のVENUS
作詞・作曲:吉川晃司/編曲:布袋寅泰
10.RAMBLING MAN
作詞:吉川晃司/作曲・編曲:布袋寅泰
11.そんな君はほしくない
作詞:吉川晃司/作曲・編曲:布袋寅泰
12.CRY FOR LOVE
作詞・作曲:吉川晃司/編曲:布袋寅泰
1989/04/26 [CD]
 CT-32-5443
1989/04/26 [LP]
 RT-28-5443
1989/04/26 [MT]
 ZT-28-5443
2012/10/10 [SHM-CD]
 TOCT-95114
 *REMASTER
SHM-CD [REMASTERED]
iTunes [REMASTERED]