■1987年/BOØWY COMPLETE/LIVE DATA

2度目の武道館公演を無事終了させ、ロックン・ロール・サーカス・ツアーを終えた後、彼らは2ヵ月半のオフに入った。 4人はそれぞれの個人に戻り、それぞれの活動に入る。氷室はロンドンへ。布袋は山下久美子のアルバム「POP」のプロデュース。 そして松井もプレイヤーとしてその作品・ツアーに参加。高橋は全国でのBOØWYフェアを追いかけて飛び回っていた。 オフの最中にアルバム「BEAT EMOTION」より「ONLY YOU」をシングルとしてリリース。本人達不在の中で作品はチャートインし、沢山のコピーバンドやカラオケで歌われていく事となる。 そしてオフ明けの7月22日発売されたシングル「Marionette」はラヴソング全盛のシングルチャートにあって、 男女の恋愛をテーマに持たない曲としては異例の初登場1位を獲得。プロモーションビデオにおいても彼らのビジュアルに対する並々ならぬこだわりが遺憾なく発揮された1作となった。 夏はツアー活動は行なわなかったものの「Marionette」のセカンドソングに収められたスージー・クワトロとのデュエット曲「ワイルド・ワン」をもひっさげ、数々のイベントに登場。 そしてコンセプトや関連性を重んじる彼らは7月31日と8月7日、横浜と神戸において<CASE OF BOØWY>と名付けた4時間にわたるコンセプトライヴを敢行。 デビューからこの年に至るまでのナンバーの中から選ばれた39曲を4時間にわたって演奏するというこの前代未聞のライヴをも成し遂げた彼らを関係者はア然として見守るしかなかった。

<CASE OF BOØWY>はパッケージケースとして全4巻のビデオテープ2枚組みのLDにするという意味と、そして”CASE”〜の場合というダブルミーニングのスタイルをとっていたが、 9月5日に総売り上げで80万枚を超える7枚目のアルバム「PSYCHOPATH」を発表し、 「BOØWY ROCK’N’ ROLL REVIEW Dr.FEELMAN’S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BAND」とタイトルに銘打ったツアーの頃から俄にバンド解散の噂が流れ始める。それは、BOØWY HUNTの創刊に始まる全てのタイトルの一貫性の行方が解散という意味へつながるのではないかという、たわいも無い符号からのものだったけれども、 事実上のラストシングルカットとなった作品として「季節が君だけを変える」とタイトリングされた楽曲を「CLOUDY HEART」とのカップリングで発表、そしてツアーの最終日が日本武道館や横浜ではなく、再び12月24日の渋谷公会堂にスケジューリングされている事が合わせて発表されると、その噂は俄に信憑性をおび始めてしまう。 「FRIDAY」も彼らを取り上げ、彼らのつくり上げたBOØWYが様々な媒体の中で彼らの意志だけでコントロールしきれなくなった事を確認したかのように12月24日、 運命の渋谷公会堂で彼らは、BOØWY解散を単なる噂として強く否定したいファンの心をよそに、解散を表明。 ONLY YOUの演奏の後、「これからは一人一人が、今まで4人でしか出来なかったことをやってきたように、一人一人やっていこうと思います。」と述べた。入りきれなかった、中にいるのと同じ位の渋谷公会堂につめかけたオーディエンスは固い警備を突き破り、ステージ上での出来事を確認する為に情報提供を要求、 渋谷公会堂の正面玄関はこのやりとりでガラス扉などが破壊されるが、解散表明された事を伝えられるとその場にくずれ落ちた。 クリスマスイヴのこの夜、何事もなかったようにジングルベルに浮かれる'87年の終演に、 彼らはその姿をステージの奥へと消した。このBOØWYの解散は、ラジオでは臨時ニュースとしても取り上げられた。翌日の新聞に記事としてだけではなく、BOØWYが有料で買いとったそれぞれのスペースに、解散表明のメッセージが踊っていた。


1987・12・25
BOØWY解散の新聞記事

ボウイ解散新聞記事


[1979][1980][1981][1982][1983][1984][1985][1986][1987][1988]