GUITARHYTHM
1989/01/11




stop stop rock'n'roll
山下久美子
"完璧"の二文字のもとでスタートしたコンセプト・ワークス「GUITARHYTHM」は、アルバム、ライブに続き映像作品という形で一旦幕を閉じる。VIDEO「GUITARHYTHM」が1月11日に発売された。全曲を映像化するということは、当時としては非常に珍しいことであった。さらに、曲ごとに表現手法は異なるという大変手の込んだ作品に仕上がっている。BOØWYのマリオネットのPVのアニメを担当したガイナックス(後にエヴァンゲリオンで大ブレイク)が、この映像作品にも関わっている。立体映像技術が使用された曲もあり、紙製の3Dメガネが同封されての発売となった。

2月1日,1988年に参加した山下久美子のツアーのファイナル公演、12月5日の東京ベイN.K.ホールの模様を収録したライブアルバム「STOP STOP ROCK'N ROLL」発売。続いてライブビデオも3月1日に発売された。

もともと海外での活動を夢見ていた布袋は、BOØWYの日本での成功という自信、そして、GUITARHYTHMという作品に対する自信をもって,アルバム「GUITARHYTHM」から「DANCING WITH THE MOONLIGHT」をUKにてシングルとしてリリース。しかし、結果は即、廃盤という厳しいものだった。 このシングルは、12インチと7インチの2種類がプレスされ12インチのみリリースされた。共にアレンジがオリジナルとは異なっておりB面も異なる。

4月8日にCOMPLEXのデビューシングル「BE MY BABY」を発表。チャートで初登場1位となる。

続いて5月30日にはビデオ・シングルとしても発売(VIDEOとLD)された。BE MY BABYはサウンドだけでなく、そのビデオクリップのインパクトは曲以上のものがあり邦楽史上に残る傑作といってもよいだろう。また,このビデオクリップを観た人にとってはCOMPLEX=BE MY BABYという印象を持つ人も少なくないと思われる。



COMPLEX
1989/04/26
BOØWYが同じ名前のアルバムで新しいスタートを切ったように,1stアルバムは、ユニット名と同じタイトル「COMPLEX」での発売。これもシングル「BE MY BABY」と同様、チャートでは初登場1位を記録。

5月10日の群馬県民会館公演からCOMPLEXの初のツアー「COMPLEX TOUR'89」がスタート。全41公演という大規模なツアーとなった。アルバム「COMPLEX」の全ての楽曲+それぞれのソロ曲も披露された。

ツアーの中で8月11,12日のインクスティック芝浦での公演はシークレット・ギグという形で行われ,このライブの模様は「COMPLEX TOUR '89」としてライブビデオとして発売された。

ツアーの最終公演は形式的には追加公演となった8月の横浜アリーナ3DAYSであったが、途中,諸事情により中止された7月の終わり~8月頭の3公演を9月に行って終了。

10月には、元・ルースターズの花田裕之のソロ1stアルバム「Riff Rough」のレコーディングにプロデューサー・ギタリストとして参加。

12月よりCOMPLEXのシングル「1990」およびアルバム「ROMANTIC 1990」のレコーディングを開始。